FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【マダム・マロリーと魔法のスパイス】

ラッセ・ハルストレム監督/2014アメリカ
madm.jpg



マダム・マロリーが主役と思いきや、
インド人青年が主役の映画



インドで代々レストランを経営したカダム家は、ある事件をきっかけにフランスに辿り着き、レストランを開店する。
しかし開店した店の真ん前は、フランスでミシュランの星1つの名店。
名店のオーナー、マダム・マロリーは目の前に出来たインド料理レストランが気に入らず、あれこれと妨害するが、
インド人レストランのシェフの腕の良さを知り、彼のために自分の店で修業させる。





マダム・マロニーを演じたのは、映画『クィーン』でアカデミー主演女優賞を受賞した、ヘレン・ミレン。
イギリスを代表する大女優さんです。
最近では、映画『RED』『RED2』でいい味、出してましたね。

こんな大女優が出るからなのか、まるでヘレン・ミレンが主役のような扱いになってましたが、どう見ても、インド人一家の次男が主役の映画でした。

原題は、THE HUNDRED-FOOT JOURNEY。(100フィートの旅)

100フィートは約30メートル。
マダムの店と、インドレストランの距離が、100フィートだから、このタイトルなんでしょうね。


物語は、インドでカダム一家がレストランを経営してる所から始まります。
で、選挙のゴタゴタで、レストランが襲われ、全焼。妻も亡くなります。

失意にくれた父親は、家族を連れ、新天地を求めてイギリスへ。
空港の横の家に住みますが、
「野菜に魂がない」
とか言って、次はフランスに行きます。

ほんと、ここのイギリスの部分、必要だったんだろうか?
インド人はとりあえず、かつての宗主国に行くってこと?
イギリス、悪口だけなんですけど・・・・。


最初はいがみ合ってた、両レストランですが、放火事件をきっかけに、(カダム一家は火をつけられてばかりいる)、マダム・マロニーはインド一家次男ハッサンを雇います。

で、ハッサンはフランス料理200年のレシピに、インドスパイスを配合するんですね。

映画『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』で、主人公がレストラン伝統の味を勝手に変えてクビにされてましたが、由緒正しいレストランって、本当はそうなのでは?

インドスパイス加えたらウマイなー。じゃあ、それで。

って、簡単に料理の味を変更するもんなんですかね?
一流フランス料理店なのに。


ここから、ハッサンの快進撃が始まります。
もうトントン拍子で、まさに映画のような展開。

そして最後も古巣に帰って来る、映画のような展開。

文化の交流を描いた、良い作品でした。
とにかく、すっごく料理がうまそーでした。





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。