スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【森のくまさん】 堀内公太郎

2012年8月18日 初版
DSCF0528_R.jpg



公開処刑人「森のくまさん」。
犯行声明をネットに公表する連続殺人鬼だ。
捜査本部は血眼で犯人を追うが、それを嘲笑うかのように惨殺は繰り返され、世間は騒然となる。
殺されたのはレイプ常習犯やいじめを助長する鬼畜教師など、指弾されても仕方ない悪党ばかりで、ネットには犯人を支持する者まで出始めていた。
一方、いじめに苦しみ、自殺を図ろうとした女子高生の前に、謎の男が現れ・・・・・。

(裏表紙より)


「このミステリーがすごい!」の隠し玉作品。

推理小説は犯人が絶対に「登場人物の中にいる」ので、読みながら誰が犯人か考えてる。
で、この作品は、登場人物が少ないので、犯人の予測がすぐにつく。
しかも2択。
だから、「こっちと見せかけて、違う方」と思ってたら、その通りなのである。

これはきっと、誰もが同じ感想を抱くだろう。
「サクサク読める」という感想と一緒に。


あ、『森のくまさん』は続編も出てます。






スポンサーサイト
Theme: 読んだ本 | Genre: 本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。