FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【チャッピー】

ニール・ブロムカンプ監督/2015アメリカ
chappie_dog_dawwww.jpg


いろいろ、いい加減なのは、
南アフリカのせいなんでしょうか?



2016年、南アフリカ。
兵器工場で設計を担当するディオン(デヴ・パテル)は、警察ロボットを作ることで成功していたが、ディオン自身は、「人間のように自分で考え、学び、成長する人工知能搭載ロボット」を作ろうと考えていた。
ある日、ディオンはストリートギャングに誘拐され、強制的にロボットの完成を求められ、チャッピーと名付けられたロボットを奪われてしまう。
驚異的なスピードでいろんな事を学ぶチャッピーはストリートギャングに悪用されつつあった。





ニール・ブロムカンプ監督の1作目『第9地区』は盛大なB級映画って感じで好きですが、2作目の『エリジウム』は設定に突っ込み所が多くて、いまいち、、、いまさん位でした。
で、今回の『チャッピー』。

まず言えるのは、登場人物がみんな「いまいち脳味噌が足りない」方々が多く、危機管理というのを把握していません。
当然、兵器会社なのに、けっこう簡単に出入りできるし、重要なパーツを盗むことも簡単です。
これって、「南アフリカだから仕方ないじゃん」で終わる話なんでしょうか?
ヒュー・ジャックマンも、「よく、こんな役、受けましたよね?」と思うぐらい脳味噌筋肉な人でした。



ストリートギャングに育てられるチャッピーなんですが、ストリートギャングの人たちが変な人たちです。
まぁストリートギャングが堅物でもおかしな話なんですが。
ストリートギャングが、なぜか「ニンジャ」という名前で、手裏剣を投げたりします。
パソコンもアップルじゃなく、バイオ使ってます。

この「ニンジャ」とニンジャの彼女「ヨーランディ」は、たぶん歌手?みたいですね。
なんて名前の俳優さんなんだろう?と調べてみたら、役名と俳優名が一緒でした。
しかし、画像が変な画像ばっかりで、どういう音楽をしているのか、よく分かりませんでした。
imrs.jpg
Die-Antwoord.jpg

しかし、ヨーランディ、いつの間にか、チャッピーTシャツ作ってます。
Chappie-Movie-02.jpg

画像はみつけられなかったのですが、ニンジャも、ヨーランディの死後、埋葬前にヨーランディTシャツ作って着てました。
ヤクを売る以外にTシャツも売れば良かったのに。



キリスト教では、「神が万物を作った」とあるので、意思を持ったモノを生み出すのに抵抗がある、と聞いた事があります。
だから逆に、やたらと小説や映画の題材になってるのかも知れません。

あと、面白いな、と思ったのは、昔、ホンダのアシモの動画を見てアメリカ人は、
「日本人はこれをロボット兵器にするつもりだ」
と言ってた事です。
そんな発想自体が、「アメリカっぽい」と思えましたが。


『チャッピー』の結末は、コンピューターを使って永遠の命を手に入れる、です。
チャッピー云々より、この結末の行く末の方が恐ろしい話だとは思うんですけどね。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。