スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【海街diary】

是枝裕和監督/2015日本

349516_001.jpg

鎌倉の風景と
キャスティングの良さ




鎌倉で暮らす幸田家は、看護師の長女・幸(綾瀬はるか)、銀行員の次女・佳乃(長澤まさみ)、スポーツ用品店で働く三女・千佳(夏帆)の3姉妹で暮らしていた。
3姉妹の父親は15年前に不倫で家を出て行き、続いて母親も家を出て行っており、残された3姉妹は幸が母親代わりとなっていた。
そこに父親が亡くなった、という知らせが入り、3姉妹は山形へ葬式に出向く。
そこで自分たちに異母妹・すず(広瀬すず)が居ると知り、幸はすずに、一緒に暮らす事を提案する。
その申し出を受け、すずが鎌倉にやって来て、4姉妹としての生活が始まる。





4姉妹ものと言えば、細雪とか若草物語を思い出すんですが(古すぎ!)、まさにそのような4姉妹の日常で、特に大きなイベントもなく淡々と物語が進みます。
食べるシーンがやたら多く、ちょっと小津安二郎を彷彿させますね。

この作品、カンヌ国際映画祭正式出品作がウリみたいですが、カンヌでの評価は星1つだったんですよね。
まぁ評価なんて審査員の趣味によりますから、星1つが悪いとも思いません。
この超日本的要素いっぱいで、やたら食べてたり、葬式シーンばっかりの作品が受けなかっただけなんでしょう。
ちくわカレーや、しらす丼の旨さなんて、外人にわかるわけねーし。
個人的には、1枚の絵ハガキから感じる物語のような素敵な作品でした。


しかし、4姉妹って、どうして同じようなキャラ設定なんでしょうかね?
しっかり者・男勝り・自由本坊・おとなしめ
物語になりやすいからかな?
私の、ハトコに女6姉妹がいるんですが、どれもこれも似たようなタイプなんですけど。
(全然、関係ないですが、この6姉妹の下に待望の男子がいるんですが、六姉妹が全員ジャイ子なのに対して、彼だけ正統派ジャニ顔なんで、私は怪しいと睨んでいる。)

出て行った父親の葬式に呼ばれ出向く3姉妹。
そこで腹違いの妹の存在を知り、「鎌倉に来ない? 一緒に暮らさない?」と提案する長女、幸。
「行きます」と即答する妹、すず。

普通ならありえない話ですけど、まぁ物語ですし、ここで「イヤです」と答えたら話が進まないわけですから、一緒に暮らす事になります。

これって美人姉妹たちだから可能になったんだろーなー、て思うんですよね。
3姉妹が女子プロレスラーみたいな、オッサン喋りだったら、妹は「行く」と言わなかっただろうし、
妹が田舎の不良で吸えない煙草を吹かしてるような子だったら、「一緒に暮らさない?」とは聞かなかったでしょう。

舞台が鎌倉というのも絶妙に良かったですね。
自然の移り変わりと、すずの言葉遣いが徐々に砕けて行き距離感が近くなる感じ。
4姉妹が、誰かと2人きりになった時にこぼれる本音。
どこにでも転がってるような日常が、風景と切り取られ、思い出に変わって行く姿。

この4姉妹の老後の話が見てみたいなーと思う1本でした。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。