スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【紙の月】

吉田大八/2014日本


kaminotuki1.jpg


宮沢りえが平凡な主婦に見えるわけねーし



1994年。銀行の契約社員として働く主婦、梅澤梨花(宮沢りえ)は、真面目な仕事ぶりが認められ、上司や顧客の信頼を得ていた。仕事は順調だったものの、夫、正文(田辺誠一)は梨花に興味がなく、その事に梨花はむなしさを感じていた。そんな時、顧客の孫である大学生、平林光太(池松壮亮)に出会い、不倫関係になってしまう。梨花は光太を喜ばせようと、お金を使い、次第に銀行のお金に手をつけるようになる。




時代設定がバブルが終わって間もない1994年という事になってます。
たぶん、この時代の、「事務作業が手作業からコンピューターに移行」する時期が、物語にリアリティを持たせられる、と思ったんでしょうが、全然、1994年という感じがしません。せいぜい紙幣が違う事ぐらい。もうちょっと時代を感じさせる何かが欲しかったです。



女性行員が好きな男のために、銀行の金に手をつける、という話なんですが、梨花が不倫に落ちるまでが早すぎるんですよね。

顧客の家で、孫の光太と出会う。挨拶する。

光太がストーカー行為をする。

光太と目が合う。

自分から光太の元に歩いて行き、そのままホテルへ。


いやー、いくらなんでも、早すぎじゃないですか?

しかも役者が宮沢りえと、池松壮亮ですよ。
確かに今の宮沢りえは、水分足りない感じですが(若い頃の拒食症のせいかも)、美人さんです。
美人だから、10代の頃から男の視線は集めたでしょうし、言い寄られる事も多かったでしょう。

そういう人が、
「あの孫の大学生、私に気があるじゃん! ホテル行こ」
って、その場で思いますかねー?

しかも相手は池松壮亮。
これが、もっと見目麗しい子なら、まだ納得できるんですが、あれじゃなー。

池松壮亮の光太が、何かしら梨花に一生懸命で、その純真さに惚れた、というエピソードがあるなら納得出来るんですが、いきなりなんで、ちょっとどうか?と思いました。


平凡な主婦が不倫に落ちる、という大事なとこなんだから、そこは丁寧に描いて欲しかったですね。
梨花の子供時代とか、ちっとも見せないくせに長いエッチシーンとか省けたハズですし。

夫が梨花に興味ない、という設定ですが、ちょっと空気読めないタイプなだけで真面目に働いてるし、そんなに悪い夫には見えませんでした。
梨花だって、あんまり夫に興味なさそうだし。


と、自分的には配役に不満あり、でしたが、話はまとまってました。

悪魔の囁きをする若い同僚、相川恵子(大島優子)と、常に仕事に実直であれ、と諭す隅より子(小林聡美)。
天使と悪魔の役をしていました。
ちょっと説明口調でもありましたけどね。

音楽も良かったですね。
ドキドキ感がよく出てました。


金銭横領で、だんだん首が回らなくなり、無茶な事までしだす梨花。
破綻するのは見えてるのに、それに足掻いてる姿。
その破綻を決定的にする、より子。


ここまでは良かったんですよ!
逃亡しようとする梨花が、より子に投げかけるセリフ。
より子の心に石を投じたかのように波紋が広がるのが見えるほどでした。

なのに、あの結末ってなに?!
監督の話によると、
「せっかく海外ロケしたのにシーンが短いと怒られて、付け足した」
そうですが、あのシーンがまるまる、いらなかったと思いますよ。

クレジットカードも使えないほどの梨花が、いきなり海外に行けるとも思えないし、海外で、あの子に会うってありえないし。
走るシーンだけで良かったかなー。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。