スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ザ・レジェンド】

ニック・パウエル監督/2014中国、カナダ、フランス



Outcast Movie (1)

アクション以外
特に見るべき点はありません



12世紀。
十字軍の伝説の騎士であるガレイン(ニコラス・ケイジ)は戦いに疲れており、東に行く事を夢見たいた。
弟子であり、友人の息子でもあるジェイコブ(ヘイデン・クリステンセン)を東に行く事を誘うがジェイコブはその気になれない。
しかし、ある事件がきっかけでジェイコブも十字軍を抜け東に旅立っていた。
極東の中国では皇帝の長男のシン(アンディ・オン)が皇帝を殺害し、その罪を弟に擦り付けていた。弟と一緒に逃げていた姫(リウ・イーフェイ)はシンの手から逃げのびるため、旅で出会ったジェイコブに護衛をお願いする。







十字軍の伝説の騎士ガレインは、たびたびの戦いにうんざりしていて、敵の城に入る時ですら、
「やっぱ、もう帰ろう、な?」
と、目標達成を目前にして、そんな態度。

そんなふぬけた事を弟子のジェイコブが認めるわけもなく、敵陣に侵入。

ガレイン
「女子供がいるぞ」

ジェイコブ
「女子供は逃がす」

ガレインはそんなジェイコブをイヤになって、とっとと東へ逃亡。
で、ジェイコブが逃がすハズだった子供たちは母親の手で殺され、母親はジェイコブの前で自害。
この事ですっかり傷ついたジェイコブ。
ガレインが東に向かうと言ってたのを頼りに、東に行きます。


いやー。
こんな映画で突っ込んじゃいけないんでしょうけど、あんたら血も涙もない十字軍でしたよね?
エルサレム奪還なんか言い訳で、
異教徒を閉じ込めて焼き払ったり、
女は死んでからもレイプされて、
子供ですら奴隷として売り飛ばして、
因縁をつけて財産を没収したり、
とやりたい放題の、あの十字軍。
大人は鍋で煮込み、子供は串刺しにした十字軍。
エルサレムはアラブ人の手足で埋もれ血に染まった、というのに、
ジェイコブは「母親は子供を殺してから自害した」からと、こんな些細な事件で心を病んで東に行きますかね?

簡単に東って言いますけど、中国ですよ。
いくらなんでも東に行き過ぎじゃありませんか?

でもまぁ、この映画は、「欧州から中国に渡った十字軍の伝説」が元になってるらしいんで、それはそれで良しとしましょう。



物語の中国では、某王朝の皇帝が余命少なくなり、次の皇帝を長男ではなく次男に譲る、と決めます。
なぜか英語で喋ってます。
そう言えばアラブ人も英語でした。

「これからは武力でなく平和の時代だ」
というのが皇帝のお言葉。

当時の中華がそんな事言うわけねーよなー、今だってそうじゃないしなー、と思いつつ見てると、

次男と姫、皇帝の命令で将軍に会いに行くため逃げる。

長男が戻って来て、皇帝を殺害。
殺害した罪を弟に擦り付け、弟を探せ、と部下に命令。


そんなわけで、次男と姫は逃げるのですが、
姫が世の中でたった1人だけ真っ白な衣装を着てるんで、すぐに「姫だ」とバレてしまいます。
53fab3225a556704_1398635_934071.jpg

なぜ庶民の恰好をして逃げないのか?
姫だから無知という設定か?


それにしても護衛なしで逃がす皇帝も皇帝だよなー。




あの事件で心が折れたジェイコブは師匠ガレインを求めて、はるばる中国まで来て、立派な阿片中毒になられます。
んで、そこで王朝の姫と次男に遭遇。
なんだかんだと言いながら、2人の護衛をし、その過程で師匠ガレインに助けられます。


あとは定番通り、追っ手にみつかり、盛大に戦って正義は勝ちます。
ガレインだけ死にます。



それにしても、この映画の肝はニコラス・ケイジですよ。
フランシス・コッポラ監督の甥で、「コッポラの甥」と呼ばれるのがイヤで改名したボンボン。
映画15億円の出演料を貰うと言うのに、本高級車、古城、恐竜の骨など、片っ端から集めまくって散財しまくり差し押さえになるほどの金銭感覚。

そのせいか、とにかく何にでも出演するようで、
「ニコラス・ケイジの出る映画はハズレ」
という定評を持ってます。

今回の作品はありふれた用心棒もの。
特にストーリーに目新しい点は一切ありません。
主役の2人がなぜそんなに中国人のために頑張るのかよく分からないまま話は進みます。
(金のためといいつつ、途中で貰ったお金を中国人のために使ってしまうし)
エロシーンもありそうで、ありません。


映画『ラストサムライ』などでスタントコーディネート務めたニック・パウエルの監督デビュー作なんですが、衣装や背景、小物、そしてアクションシーンは良かったです。
主役の2人も良い演技をしてましたし、出番が少ないけど見せ場があるニコラス・ケイジとヘイデン・クリステンセンだけを堪能したいならオススメ作品です。



スポンサーサイト

コメント

No title

こんばんは!
アラブの人も英語をしゃべっているということは
ほぼ全編英語なんでしょうか?

観ようと思ったのですが、
あっという間に夜の回の上映になってしまったので
タイミングを逃してしまいました。

2015/06/19 (Fri) 23:20 | ようかん #- | URL | 編集
ようかんさんへ

全編、英語でしたよ(笑)

微妙な作品は早く見に行かないと、すぐ夜に回されますよね。
私は東宝で見たのですが、東宝は時々、
「最後の最後に朝1で上映」
とかしますんで、東宝系なら、まだチャンスはあるかも?!

とても空いてて見やすいのは間違いありませんし。

しかも、この作品、続編を作るらしいんですよ。
中国ではヒットしたのかも知れませんね。

2015/06/20 (Sat) 19:44 | さすらいのたぬきち(メス) #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。