スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ビリギャル】

土井裕泰監督/2015日本
351029_001.jpg


(名門高校の学校内の)偏差値40のギャルが、(英語だけで入れる)慶應(SFC)に受かった話



名古屋のエスカレート式女子校に通う、さやか(有村架純)はまったく勉強せず、おしゃれに励んだり、友達と深夜まで遊ぶような毎日を過ごしていた。母親(吉田羊)に塾に通うように言われ、坪田義考(伊藤淳史)が塾講師を務める塾に通うことになる。
坪田の応援で、さやかは慶應義塾大学の受験を目指すことにする。






こんな美談を素直に受け止めるほど、幸せな人生を歩んでませんので、映画の中のどうでもいいような点が気になりました。


・小学生時代、さやかには1人も友達が出来ず、転校までしたが、そこでも友達が出来なかった。
(これが本当なら何かしらの発達障害の可能性もあるんですが)

・父親は野球選手を目指していたが叶わず、長男を野球選手にするため、家庭には月3万円しか入れず、息子の野球道具や活動費、父親と息子だけの豪華な食事にお金を使っている。
(普通に経済DVです)

・母親は娘を塾に通わすため、昼と夜のパートを掛け持ちしている。
(そのわりには娘は毎日、深夜や明け方まで遊びほうけてますが、そんなにお小遣いを与えてるのでしょうか?)

・そもそも、貧乏な家庭なら娘をエスカレーター式の学校に通わす余裕はない。


まぁ「変だな」と思うのは私が偏屈だからであって、他の方は気にならないのかも知れません。
ただ不思議なのは、このビリギャルの家庭って、母親のことを、「あーちゃん」と呼び、母親は子供をまったく叱らないんですよね。
ビリギャルが塾と勉強で忙しく、学校で寝てばかりいるので、学校側から母親が呼び出されるのですが、
「娘は塾と勉強で寝る時間が無いんです。学校で寝るしかありません」
とか言うんですよ。
たまたま良い方向に転がってるとは思いますが、母親も毒親ですし、息子にしか興味なかった父親も毒親ですね。



実際のビリギャルは偏差値の高い中学に受験しており、高校時代に遊んでたせいで成績が落ちたが、本来、特異な英語と日本史、小論文に絞って勉強して合格しただけの話です。
映画の中では、ビリギャルは小学校4年生並の学力しかなく、

・日本地図を書け、と言われて、ただの〇を書く
・東西南北がどの方向にあるか知らない
・聖徳太子を「せいとくたこ。太った女の子だから、こんな名前にされた」と思っている
・福沢諭吉は何を作った人でしょう?→「焼き肉屋」
・名古屋の三英傑は?「下ネタ?ええケツ、ええケツ、ええケツ」

というレベルらしいのですが、そんなんじゃ中学受験すら出来てなかったと思いますが。

それでも頑張って頑張って努力したら慶応に合格しましたよ、という泣ける話でした。

ヤンキーが更生する話とか、努力と根性で成し遂げる話って、なぜか日本人は好きなんですよねー。
この話には両方入ってるんで、そこがまた良かったのかも知れません。

作品としては、だいたい結末がわかってる話だし、「ビリ→勉強した→合格した」というだけの話を、ダレさせず、ここまでまとめあげたのは監督の腕ですね。




後日談として興味深いのは、

ビリギャル本人・・・ウェディングプランナー。結婚した。

塾講師坪田・・・なぜか年齢、学歴非公開。トークショーなどの講演活動もしている。

ビリギャル母・・・本を発売。内容は未読ですが、旦那の悪口や子供の自慢なども入ってるとのこと。


原作「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」を書いた坪田さんが1番おいしい話でしたね。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。