スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ラブ&ピース】

園子温監督/2015日本
351529_001.jpg


反戦なのか、
反資本主義なのか、
欲望の妄想なのか、
ファンタジーなのか、
よくわからんけど、とにかく愛は、無い。




駄目サラリーマンの鈴木良一(長谷川博己)は会社で叱られてばかりの毎日の中、ロックミュージシャンになりたいと願っていた。ある日、売ってるミドリガメを見て、ひと目で気に入り、カメに「ピカドン」と名付けて、会社にこっそり持参していた。
それを同僚で、良一が恋してる寺島裕子(麻生久美子)にみつかった事で、社内にバレ、同僚に笑われる始末。それがイヤでカメをトイレに流してしまう。すぐに後悔した良一だったがカメは戻らない。その頃、カメは下水道を通って、地下に暮らす謎の老人(西田敏行)に助けられる。






園子温監督が、まだ売れない頃に書いた本が元になっています。
そんなわけで、この主人公、鈴木良一は監督の分身でもあるんでしょうね。
駄目な大人がとてつもない夢を描いている話です。



謎の老人に助けられたカメは、老人から飴を1つ貰います。
その飴は「なんでも願いを叶えてくれる飴」で、カメは鈴木良一の願望をそのままそっくり実現していきます。

鈴木良一は、道に座っていたところ、バンドに強引に拉致られ、強制的に歌を歌うように言われます。
カメの「ピカドン」を思って作った曲を歌ったところ、レコード会社に気に入られ、デビューし、瞬く間に人気者になるのですが、それは全部、カメが叶えてくれてるのです。
そしてカメは、主人の願望が大きければ大きいほど、カメの体も大きくなるのです。



冒頭、鈴木良一が会社や通勤でみんなから蔑まされるシーンから始まります。
これは、鈴木良一の心が感じてるイメージと思えばいいんでしょう。

その後、
鈴木良一のシーンと、謎の老人のシーンの2つの物語が同時進行します。
謎の老人のシーンに比重がかかり過ぎて、鈴木良一のシーンが薄くなります。

せっかく駄目主人公のシンデレラストーリーなのに、
鈴木良一が、社内で唯一優しくしてくれた寺島裕子を、人気が出ると共に捨てるので、
ちっとも鈴木良一に感情移入が出来ません。

鈴木良一のシーンにもっと尺があって、鈴木良一の心の変化や、昔の自分との葛藤などがあれば、寺島裕子から離れた理由も納得できるのですが、これじゃあ、よくいる「売れたら糟糠の妻を捨てるバンドマン」と何ら変わりません。

それとは逆に描きすぎてる謎の老人のシーン。
老人は捨てられたオモチャを復活させ、喋らす事が出来る人なのですが、オモチャが「ご主人様の元に帰りたい」と話すシーンばっかりあります。

これをファンタジーと見るのか? それとも幻想と見るのか?
どっちにしろ、監督はこのシーンで果敢に「特撮」に挑戦しています。
このCG全盛期の時代に、特撮・・・・・・が悪いって言ってるんじゃないんですよ。特撮はいいんですよ。
それ以前に、誰かが動かしてるってまるわかりの人形たちと、大きくなるにつれて作りが雑になるカメ。
そのカメも「人が入ってます」という感じがよく伝わってきて、これじゃあ子供向けの戦隊ヒーローショーと変らないです。
人形がもうちょっとスムーズなら良かったのになぁ。



この作品、肝心なのは、「願望が叶って徐々にロックスターになる鈴木良一」で、彼の歌う曲も大切です。
鈴木良一は3曲を歌うのですが、すべて監督が作詞作曲してます。

「ラブ&ピース(当初はピカドンだった)」は変に耳に残るし、ちょっと字余り的なのもイイし、そんなに悪くないと思うんですが、後半に忌野清志郎の曲「スローバラード」がかかるんですよね。
清志郎さんのおかげで、園子温監督の曲はすべて吹き飛びます。
いやー、清志郎さんの偉大さだけが残るわ。

これ、清志郎さんの曲をかけて、「とって付けたような鈴木良一の曲なんて所詮、駄目なんだよ」と言いたいんでしょうか?
単に「スローバラード」が好きでテーマにしたんでしょうか?
それなら鈴木良一に歌わした方が、他の3曲を消し飛ばす事もなかっただろうに。



鈴木良一のシーンと、謎の老人シーンがうまく噛みあわず、おまけに何が「ラブ&ピース」なのか?
ひたすら愛を貫いたのはカメだけ。

鈴木良一は上司にカメの事を、「これは、お前のピースなのか?」と言われてましたが、ピースどころか、メインです。
カメがいなくては鈴木良一は曲も書けないんですから。


もともと賛否分かれる園子温監督の作品ですが、これはエロもグロも無い上、ファンタジーなのか何なのか、よく分からん散文詩のような映画です。
そう言えば監督は高校時代に詩人としてデビューしてましたね。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。