スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画ひつじのショーン ~バック・トゥ・ザ・ホーム~】

マーク・バートン、リチャード・スターザック監督/2015イギリス、フランス
Shaun-The-Sheep-Movie.jpg



今年1番笑った映画




牧場で仲間たちと生活しているひつじのショーンは、バスの広告を見て、いつもと違って遊ぶ日を作ろうと考える。
そこで牧場主にいたずらを仕掛けて、ひつじたちとパーティーを過ごして楽しむのだが、牧場主を乗せた車が都会まで走って行って事故に会い、事故のショックで牧場主は記憶喪失になる。
牧羊犬ビッツァーとショーンたちは牧場主を探すため都会に向かう。





昔から『ウォレスとグルミット』のシリーズが好きなんで、勇んで見に行きました。
セリフがほとんどないので、吹き替えもありません。
しかし笑いは世界共通ですね。
巨匠と呼ばれる人がこねくり回して作った作品より、はるかに笑えるし楽しいです。
普通の大人ならクスクス笑いなんでしょうが、私はこのシリーズと相性がイイらしくゲラゲラ笑ってしまいました。
sheep-disguised-ci_3174374k.jpg

劇場には小さい女の子が来てましたが、あんまり小さいと「画面が暗くなるシーン」が怖いらしく、帰っていました。
movies-shaun-the-sheep-movie.jpg

アードマン・スタジオのクレイアニメは、アカデミー賞短編アニメーション部門最優秀賞を2回も受賞している優秀なチームで、今回の映画版も満足な出来栄えです。
filming-shaun-the-_3174507b.jpg


私はもう1回見に行きます。





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。