スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【チャイルド44 森に消えた子供たち】

ダニエル・エスピノーサ監督/2014アメリカ
352642_001.jpg


あの予告では、
ミステリーにしか見えませんが、
これは「スターリンって最悪だな」
という事実を知るだけの作品です。




1953年のスターリン政権下。
子供の変死体が次々と発見されていた。山間部で発見される遺体は、すべて溺死で、胃が摘出されていた。
しかし、「殺人は国家が掲げる思想に反する」とされ、事故死として片づけられていく。
秘密警察の捜査官レオ(トム・ハーディ)は、この事件の犯人をみつけようと捜査を始めるのだが、国家に邪魔され、そして愛妻にのスパイ疑惑が浮上する。






原作は、トム・ロブ・スミスの小説、「チャイルド44」。
「このミステリーがすごい!」で、2009年版海外編第1位になった作品です。
それをリドリー・スコットが製作を担当しました。

期待してたんですけどねー。
原作の設定が削られていて、シリアルキラーがオマケみたいになってしまいました。
残念。

ただスターリン政権下が、こんなに抑圧されていたんだ、という事だけはよく分かります。
重苦しい雰囲気で、密告社会、やスローガンとは正反対の生活に、生きるだけでも困難だった、というのが、ついこの間の現実なんだ、と再確認させられます。
そこは良いのですが、登場人物がなぜか、
英語(ただしロシア訛り)で喋るので、なんか「それじゃない感」が漂う。
開き直って、バリバリの英語で喋れば良いのに。


物語の前半はシリアルキラーはほぼ関係ありません。
後半、レオが自分の身の危険を承知の上で、シリアルキラーを探し、みつけ出します。

映画だけでは、
・なぜシリアルキラーになったのか?
・なぜ子供だけを狙うのか?
・なぜ溺死さえたのか?
・なぜ胃を摘出したのか?
さっぱり説明されません。

ちなみに原作では、
レオとシリアルキラーは生き別れの兄弟。
ふたりはホロドモールの生き残りです。

ホロドモールとは、
ソ連によって行われた、ウクライナへの人工的大飢饉の事です。
犠牲者数は600万人とも700万人とも言われてますが、
飢えた人々は墓を掘り返して遺体を食べたり、赤ん坊を食べたりした。
子供もさらわれて食べられる可能性があったので親は家に隠した、
という、あまり知られていませんが悲惨な大事件があったのです。

ホロドモールで両親を亡くしたレオとシリアルキラーは孤児院で育つのですが、2人は運命を別々にし、追う側と追われる側となってしまうんです。

原作のこの部分が、すっぽり抜けているので、なぜレオが執拗にシリアルキラーを捜すようになったのか、
またシリアルキラーはなぜ、そのようになってしまったのか、
という核が存在しません。
冒頭にウクライナ危機があった、と軽く説明され、
シリアルキラーが自分で自分を罰してる場面がワンシーン出て来るだけです。
これだけで推測しろ、とはちょっと無理ですね。



レオの妻ライーサ・デミドワ役に、ノオミ・ラパス。
『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』でリスベット役でブレイクした人ですね。

このライーサが「敵のスパイだ」と疑いをかけられ、レオが捜査をするように命じられるシーンがあります。
結果、スパイではなかったのですが、その後、ライーサが汽車の中と、最後の山の中で果敢に戦うシーンがあるのですが、めちゃくちゃ強いんで、
「本当はやっぱりスパイでしたってオチ?」
と怪しんだほどでした。
そんなオチはなかったですけど。



結局、シリアルキラーはオマケ。
タイトルが『チャイルド44』なのは契約上、仕方ない事もあるんでしょうが、
予告がミステリー小説並のミスリードしてくるなんてね。

この映画、ロシアで上映禁止らしいので、「スターリン政権の最悪さ」を知るには良い作品だと思います。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。