スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【踊るアイラブユー♪】

マックス・ギーワ、ダニア・パスクィーニ監督/2014イギリス
352926_001.jpg


物語に曲を合わせた、と言うより、
曲に話を合わせた感じ。



大学を卒業したテイラー(ハンナ・アータートン)は、姉マディ(アナベル・スコーリー)に会うためにイタリアのプーリア州に向かった。
ここはかつてテイラーが3年前に訪れ、恋をした場所だった。密かにかつての彼ラフ(ジュリオ・ベルーチ)と再会できる事を願っていたのだが、その彼は姉のマディと婚約しており、明後日に結婚式を挙げるのだと言う。
自分の気持ちを隠して姉を祝福するテイラー。しかし心は揺れていた。





80年代のヒット曲ばかりのミュージカル。
ストーリーはありきたりと言うか、バカバカしいと言うか、

自分から離れて行き、3年も連絡を取らなかったのに、
今更、彼が恋しくなり会いに行ったら、姉と結婚する事になっていた。
姉を応援するものの心は揺れる。
結局、姉が身を引き、2人は恋人に戻る。

と言う、「もっとちゃんとしろよ!」と言いたくる話です。
こんな、どうでもいいような話なので、内容より、歌とダンスで見せて欲しいとこですが、

歌はまずまず、
ダンスはいまいち、

という具合。
何もかも、イタリアの風景と海、そして楽曲に助けられてました。


ここまで揃ったら、あとは水着の美女、といきたいとこですが、

主役のテイラーを演じる、ハンナ・アータートンは、ちょいポチャのせいか、絶対に脱ぎません。
u9dT6rAu.jpg

テイラーって、歌はそこそこなんですが、踊りが下手なんですよね。
姉マディ役のアナベル・スコーリーの方が踊りが上手なせいか、テイラーの踊りはそんなに映ってないんですよ。
冒頭、テイラーが飛行場で大勢と踊るんですが、なんか大勢でごまかしてる感じで、彼女の踊りをじっくり見ようとしても、映ってません。
352926_002.jpg

おまけに、あんまり可愛くもないし、なんで彼女が主役に抜擢されたんでしょうね?


逆に姉マディは水着にもなったし、踊りシーンもあったし良かったのですが、肌の色が違いすぎてたんで、まさか姉妹だったとは、という感じでした。
(チラシで見た時は、主人公の世話焼きな友人役だと思っていた)


主役が脱がない分、頑張って脱いでいたのが、ラフ。
こいつばっかり脱いでました。
showbiz-gullio-berruti-01.jpg
誰得なんだよ。



曲は80年代を知ってる人間なら耳にした事ある曲ばかり。

ホリディHoliday(1983)/マドンナ ヴィーナスVenus(1986)/バナナラマ
ヴィーナスVenus(1986)/バナナラマ
恋は手さぐりHow Will I Know?(1985)/ホイットニー・ヒューストン
パワー・オブ・ラヴThe Power of Love(1986)/ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
愛の残り火Don’t You Want Me?(1981)/ヒューマン・リーグ
ウォーキング・オン・サンシャインWalking on Sunshine(1985)/カトリーナ&ザ・ウェイヴス
胸いっぱいの愛Eternal Flame(1988)/バングルス
ハイスクールはダンステリアGirls Just Wanna Have Fun(1983)/シンディ・ローパー
ワイルド・ボーイズWild Boys(1984)/デュラン・デュラン
フェイスFaith(1987)/ジョージ・マイケル
愛のぬくもりIt Must Have Been Love(1989)/ロクセット(※『プリティ・ウーマン』挿入歌)
ホワイト・ウェディングWhite Wedding(1982)/ビリー・アイドル
ターン・バック・タイムIf I Could Turn Back Time(1989)/シェール
ウキウキ・ウェイク・ミー・アップWake Me Up Before You Go-Go(1984)/ワム!

しかし、この楽曲を知らない人が、この作品見たら、面白く思えるんでしょうかね?

walking-on-sunshine06.jpg


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。