FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【アリのままでいたい】

鴨下潔監督/2015日本
352159_001.jpg


幼稚園、低学年向け。




3年の歳月をかけて撮影した昆虫ドキュメンタリー映像。
科学分野における写真賞の最高峰であるレナート・ニルソン賞や紫綬褒章を受けた栗林慧が、世界唯一の特殊カメラ「アリの目カメラ
で映し出す、リアルな昆虫の生態。






映画って、その映画を見そうな層に向けて予告を流すんですが、この作品の予告は、

劇場版 仮面ライダードライブ/手裏剣戦隊ニンニンジャー

でした。

この予告を見て、「子供用作品だと思っていたが、まさかここまで低年齢向けだったとは」と驚愕。

そしてやっぱり、めちゃくちゃ子供向けの展開。

カブトムシVSクワガタ ラウンド1

なんてやられた日には、固まってしまいます。

しかも、私が見た時の客層は、中年~高齢者、と、どう考えても(私以外は)ムシキングとかも知らなさそうな人ばっかり。



子供向けのせいか、超メジャーな昆虫ばかりで、確かに接写の技術は素晴らしいですが、そんなに目新しい事を映してるでもなく、普通に虫の一生のいろいろを紹介、という感じでした。

それに、飽きさせないためか、アニメが挿入されるのですが、それが、

地獄のミサワ。
CJipT81WcAElDT3.jpg

なんでミサワなのか。
いや、ミサワ、好きだけど、なんか違うような気がする・・・。




この作品、ナレーションに、DAIGO、吉田羊、杉咲花を起用し、
主題歌は福山雅治。

この辺にお金を使わずに、入場料金を下げたら良かったのに。
やっぱり、他の映画と同じ値段って、ちょっとためらいますよ。

と、思い、興行収入を調べてみたら、
土日2日間で動員2万8104人、興収3711万5200円。
スクリーン数も多く、402スクリーン。
(『バケモノの子』が457スクリーンなんで、けっこう多い方って事です)
悠仁様もご鑑賞なされたし、宣伝効果は大きかったと思いますけどねー。
初動は鈍いですね。
しかし夏休みはこれからなので、伸びるかも?


それよりビックリしたのは、この興行収入を調べててみつけた、
リアル鬼ごっこ』が、アリのままでいたい、に興行収入で負けていた事です。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。