スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【人生スイッチ】

ダミアン・ジフロン監督/2014アルゼンチン、スペイン
Relatos-Salvajes_CLAIMA20140813_0351_27.jpg



アルゼンチン史上、最高の大ヒット
「このあと、めちゃくちゃセックスした」
というセリフが、ピッタリ合う結末。



6つの物語のオムニバス形式です。







~その1、おかえし~
飛行機に乗ったファションモデルに話しかけるクラッシックの音楽評論家。
2人の話はモデルの元彼の話題になる。
すると2人の話を聞いていた人が、「自分も元彼を知っている」と口々に言い出し、結局、飛行機に乗り合わせた全員が元彼の知り合いで、全員が招待状が送られた事によって、その飛行機に乗り合わせたのだった。しかも全員がかつて元彼にひどい事をした人間ばかり。
そして元彼は今、飛行機を乗っ取って操縦している。


~その2、おもてなし~
雨の夜、客がひとりもいないレストラン。
そこにやって来た、ひとりの男。嫌味ったらしく態度が悪く、ウェイトレスの女をバカにする。
ウェイトレスの女は、その男がかつて父を騙し、父を自殺に追い込んだ男だと気付く。
女は同僚にその話をすると、同僚は、「猫いらず」を持って来て、これを料理に混ぜれば良いと言う。
ウェイトレスの女は拒否したが、同僚は勝手に猫いらず入り料理を作っていた。



~その3、エンスト~
高級車に乗ってる男の前に、ポンコツの車がノロノロ運転で走っている。追い越そうとしても、道を邪魔して追い越しが出来ない。
なんとかカーブでポンコツを追い越し、高級車の男は相手の運転手に悪口を言って走り去る。
しかし高級車はパンクしてしまい、なんとか修理をする男の前に、さっきのポンコツ運転手が現れ、高級車を破壊しようとする。



~その4、ヒーローになるために~
建築現場で働く男。その日は娘の誕生日でケーキを買って帰る約束だった。
しかしケーキ屋に寄ってる間に愛車がレッカー移動されてしまう。男はレッカー移動が不服で陸運局に異議申し立てをしに行くが相手にされず、怒りのままガラスを割ってしまう。
なんとか家に辿りついたものの、妻は呆れ返っており、離婚を言い渡される。
男が陸運局で暴れた事は新聞の1面で扱われてしまい、会社も解雇される。
そしてまた愛車がレッカー移動。
腹を立てた男は、愛車に爆弾を隠して、わざとレッカー移動させるように駐車する。



~その5、愚息~
明け方、家に戻った男は泣きながら両親を起こす。車で妊婦を撥ね、怖くて逃げ帰って来たのだ。
大金持ちの父親は顧問弁護士を呼び、使用人の男に「息子の身代わりになってくれ」と金銭と引き換えに要求する。
使用人の男は承知したのだが、検察官は騙されはせず、使用人が犯人でないと言い切る。
そこで弁護士は検察官にワイロを送る事で何とかしようとする。
1度は話がまとまるが、それぞれが大金持ちの父親に、それ以上の金銭を要求し出し、とうとう父親はブチ切れて、この話はなかった事にしようと言い出す。
慌てたのは、大金が貰えると目論んでいた人物。なんとか大金持ちの男が納得する金額まで下げ、最初の企みを実行しようとするのだが、そこに「殺された妊婦の夫」が現れる。



~その6、HAPPY WEDDING~
結婚式で盛り上がるカップル。
だが新婦は、招待客の中に、新郎と出来ていた女をみつけてしまい、結婚式から逃げ出して屋上に行く。そこにはコックがおり、新婦を優しくなだめ、そのまま2人はセックスに。
そこにやって来た新郎。新婦はひるみもせず、新郎を罵りまくり、新郎はショックを受ける。
結婚式に戻った新婦は派手に騒ぎ、新郎の女に大けがをさせ、戻って来た新郎をバカにする。
どうしようもない状況になったが、新郎は新婦に手を差し伸べる。
見つめ合い、熱いキスをしまくる2人を残し、招待客は帰って行く。




アルゼンチンでは大大ヒットらしいですが、文化的背景が違うせいか、別に面白くもなんともなかったです。

きっと、アルゼンチン辺りでは、物語の登場人物が、「知ってる誰かに似てたり」、「自分も同じような被害に合ってたり」するんでしょう。
だから、「イヤな事されたら仕返ししてやる」という、この作品が「自分の代わりの敵討ち」みたいで爽快なんでしょうし、政府や役人を皮肉るのが面白いんでしょう。



最初の3本は、話も短く、ブラックで悪くもないですが、話が長くなると、爽快感も消えますね。

男同士が2人で死んでしまうシーンで、警察が「心中かな?」と言うんですが、腐女子らしき人達がキャーキャー喜んでました。
笑い声は、そこだけでした。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。