スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ジュラシック・ワールド】

コリン・トレヴォロウ監督/2015アメリカ
Jurassic-World-The-Game.jpg


予想通りの王道展開です。まさにアトラクション感覚で楽しみましょう。



恐竜のテーマパーク、ジュラシック・ワールドに遊びに行ける事になった、恐竜好きなグレイ(タイ・シンプキンス)と、その兄で恐竜より女の子の方が気になるザック(ニック・ロビンソン)。兄弟は、パークの責任者でもあり、兄弟の叔母でもあるクレア(ブライス・ダラス・ハワード)と再会するが、クレアは仕事に忙しく、遺伝子操作で作られた新種の巨大恐竜インドミナス・レックスの手筈で忙しかった。
恐竜の飼育員オーウェン(クリス・プラット)はクレアからインドミナス・レックスの事を聞き、非常に危ないと警告する。
オーウェンの悪い予感は的中し、インドミナス・レックスは人間を欺いて、飼育場から逃げ出してしまう。





基本的に初代とストーリーは変わりません。

恐竜が出来た → 恐竜が逃げた → 捕獲するのに手こずる → 人間が何人か殺されるが主役級は助かる。

という事です。
出て来る登場人物は、ちゃんと善側、悪側に別れており、無鉄砲なヤツはマヌケな結末になり、メインの登場人物は命をかけて戦い成功する。

登場人物がお約束であれば、ストーリーもお約束。
次の展開を予想すると、その通りの話になってくれるので、深読みする必要なく恐竜を楽しめます。
jurassic-world-park.jpg



恐竜の姿は20年前と変わらないまま。
誰もが思い描く「恐竜」です。
最近の研究にあるように、「実は毛が生えてた」とか「カラフルな色であったのでは?」という設定は入ってません。
PH1tmXhULW9L54_1_l.jpg


パークの責任者であるクレアは、最初はヤなヤツですが、後半、命がけで頑張るイイ人になります。
しかし、本当にこのヒールで、あれだけ走り回れたのか?という疑問はありますが。
jurassic-world-sho_3344248b.jpg


オーウェンだけ、こんなとこで住める不思議。
パーク内に家を建ててるって・・・。
「ディズニーランドの一角(立ち入り禁止地区)に家を建ててる」みたいなもんですからねー。
jurassic-park-4-photos-1-chris-pratt.jpg



はしゃいでるグレイが途中で、「両親が離婚しそう」って兄に泣きながら言うシーンがあるんで、「離婚話が物語に影響を与えるのか?」と思ってましたが、まったく関係なく終わりました。
なぜ入れたんでしょう?
人気子役、タイ・シンプキンスが泣くんで、ファンへのサービスショットだったのかも知れません。

ちなみに、タイ・シンプキンス君は、
『宇宙戦争』でデビューし、『アイアンマン3』など、出演作も豊富です。
Ty_Simpkins_0603_Katherine_Tracy_Page_jpg_300x449_q100.jpg




旧作で見たシーンも出てたりしてました。

「ジュラシック・パーク」と同じように作られた入口。
o-JURASSIC-WORLD-facebook.jpg



恐竜が亡くなるシーン。
jurassic-world-009-120800.jpg
8c8950603-111017-jurrasic-park2-hmed-1030a_nbcnews-ux-2880-1000.jpg



オーウェンは恐竜と心を通わせ、躾ける事に成功してます。
このシーンは評判になり、いろんな人がマネしてます。
2909626-0209700495-15060.jpg
raptorsquad7-061715.jpg
stream_img.jpg
zookeepers-recreating-jurassic-world-raptor-scene-29__605.jpg
10984977_1003111719720657_6800670083230967953_n.jpg





後半、恐竜VS恐竜になるんで、『ゴジラ対メカゴジラ』みたいにも思えましたが、そういうシーンも含めて映画館で観るべき迫力でした。



スポンサーサイト

コメント

早いと10年後には既に、かな?

こんにちは。
ワクワクどきどきして本当に楽しい作品でしたね〜。
グレイ役の彼、怖がり方がとっても上手で笑えました。
今はまだ女の子みたいに可愛いけど、20年後にはヒゲ面の似合うイケメンになってるだろうと思うと楽しみです。笑

2015/08/07 (Fri) 16:10 | ケフコタカハシ #oibKWSZc | URL | 編集
こんばんは!

ご覧になられたんですね(^^♪
私は母親が「どうしても見たい」と言うので、平日の朝9時の回に連れて行きました。
案の定、母親が、「早く!早く逃げて~!!」とか叫んで、その度に「静かに!」と言い続けました。
映画は面白かったけど、母親のせいで余計にハラハラさせられました。

確かに外人の子役って、とんでもない姿に成長する人もいますからねー。
今だけの可能性も高いですね(笑)。

2015/08/07 (Fri) 19:46 | さすらいのたぬきち(メス) #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。