スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール】

スチュアート・マードック監督/2014イギリス
GodHelpTheGirl.jpg




ベル・アンド・セバスチャンのスチュアート・マードックが監督、脚本をしたガーリー向けミュージカル。


スコットランド、グラスゴー。
精神病院に入院中のイヴ(エミリー・ブラウニング)は、病院を抜け出し、街のライブハウスに行く。そこでアコースティックギターを手にしたジェームズ(オリー・アレクサンデル)と知り合う。やがて彼にキャシー(ハンナ・マリー)という少女を紹介され、3人でバンドを始めよう、という話が出る。






スチュアート・マードックが脚本を作りながら曲も作った作品です。
ミュージカルなので音楽ありき、の作品となってます。
1024px-Belle_and_Sebastian_British_Band.jpg

音楽はもちろん、ファッションもおしゃれなブランド服がいっぱい用意されてました。
しかし、話の内容は、


精神病院に入院してるイヴ
 ↓
街に出てライブハウスにいたジェームズと知り合う
 ↓
ジェームズの紹介で、イヴはアパートで暮らし始める
(病院の退院がいきなり認められてる不思議)
 ↓
ジェームズからキャシーを紹介され仲良くなる
 ↓
3人でバンドしようと話すがメンバーが足りないのでチラシを刷って募集
 ↓
バンド参加希望者が大勢集まり、ジェームズは走って逃げる
 ↓
バンド結成、初ライブも大盛況
 ↓
イヴは音大に進むことにする



という、ストーリーはまったくリアリティのない話で、映画というよりも、プロモーションビデオを継ぎ足して見てる感じがします。
ただ映像のセンス、ファッションのセンスが良い雰囲気を出してるので、こういう作品が好きな女子も多いんでしょう。
god-help-the-girl.jpg
pdc_godhelpgirl2.jpg
351521_005.jpg




映画の中では、主役イヴ役エミリー・ブラウニングが、「めちゃくちゃ可愛い子」と言われてましたが、ちょっと自分には理解できませんでした。
声はイイんですけどね。
emily browning

映画『エンジェル・ウォーズ』の時は可愛いって思ったんだけどなー。
髪の毛の色が重要なんだな。
Sucker_Punch_emily-browning.jpg

キャッシー役のハンナ・マリーも、まぁ可愛いけど、鼻が気になる。どういう骨してるんだろうか?
img_title-big.jpg

ジェームズ役のオリー・アレクサンデルは、眼鏡を取って髪型変えたらかっこよくなりそうです。
オリーは、イヤーズ&イヤーズというバンド活動をしており、イギリスではヒットしてるそうです。
262x140.jpg


この映画、製作発表時には、エル・ファニングの名前が上がってましたが、残念ながら、キャストはちょっと知名度低い人ばかりになってしまいました。
が、逆に先入観がなくて良かったかも知れません。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。