スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【あの日のように抱きしめて】

クリスティアン・ペッツォルト監督/2014ドイツ
353091_001.jpg




ベルリン国際映画祭銀熊賞受賞監督の最新作。



1945年ドイツ。
強制収容所から帰還した、ユダヤ人のネリー(ニーナ・ホス)はナチスの銃撃で顔が骨折しており、修復手術を受けることになる。医者は「逃げるために別の顔を希望する者もいる」と違う顔を勧めるが、ネリーは元の顔に戻して欲しいと頼む。
そして、ネリーは生き別れになっていたピアニストの夫ジョニー(ロナルト・ツェアフェルト)を探すため夜の街に毎夜出掛ける。そうしてやっと夫をみつけたネリーだったが、夫はネリーを見ても、それが自分の妻とは気付かずにいた。







クリスティアン・ペッツォルト監督が銀熊賞を獲得した前作、『東ベルリンから来た女』に主役で出ていた2人、ニーナ・ホスとロナルト・ツェアフェルトを今回も起用しています。
主役級はドイツでは実力派と呼ばれる俳優さんばかりです。



顔に銃撃を受けながらも強制収容所から生還したネリー。
元の顔に戻し、夫ジョニーを探し続けます。
phoenix.jpg

実は常にネリーに寄り添っていた友人レネ(ニーナ・クンツェンドルフ)は、夫ジョニーをみつけていたし、ジョニーが「した事」も知っていたのですが、ネリーには話しません。
イスラエルのどこに住むか?しか言わないのです。
06_phoenix.jpg

ネリーは毎夜、街でジョニーを捜します。
ピアニストだったジョニーは酒場にいるんじゃないか?と言われ、酒場に足を踏み入れると、そこで下働きとして働く夫ジョニー姿をみつけることができました。
05_phoenix.jpg

しかし、ジョニーはネリーを見ても、それが自分の妻だとは気付きません。
それどころか、ネリーに、
「君は妻に似ているから、妻に扮してくれ。そうすれば彼女の遺産が手に入る」
と、そそのかすのです。

ネリーはジョニーの希望を叶えるため、「ネリー」になる努力をします。
夫に言われるがまま、筆跡の練習をし(当然、練習せずともそっくりなのですが)、髪色を変え、指定された洋服を着ます。

ネリーとなり、かつての知り合いに会いに行くと、誰もが疑わず、ネリー本人だと接してくれます。
ネリーは「夫といると、かつての自分に戻れる」と喜びますが、レネはジョニーを許しておらず、本当のことをネリーに話します。

「ジョニーは1度収監されたが、隠れていたネリーが逮捕されると、ジョニーは無罪放免で釈放された」
「ジョニーはネリーの逮捕前に離婚届を提出している」


こう話されてもネリーは良い方に解釈し、夫のために、ネリーとして親族に会いに行きます。

そこでネリーはジョニーにピアノを弾いてくれ、と頼みます。
歌手だったネリーは最初はうまく歌えずにいるのですが、次第に元の歌声に戻っていきます。
その歌声に驚いてピアノの手が止まるジョニー。
言葉はないのですが、ネリーが本物の妻だと気付くのです。
353091_007.jpg


歌い終わり、静かに出て行くネリー。
結末はここまで。
あとの物語は観客の心の中、という話です。





戦争で悲惨な目に会い、その経験のせいで、口数が少なくなっているネリー。
として見ないと、彼女の行動にイライラさせられます。

また友人レネがさっさとジョニーの行いを話していれば、こんな事にならなかったのかも、という気もします。

だいたい、他の人はみんなネリーと気付き、誰1人疑わない・・・・・・つまり手術はうまくいっており、本人に近い顔に再建出来てると思えるのですが、(再建前のわかりやすい顔は出て来ない)
なぜ、夫ジョニーだけが妻だと気付かないのか?
という疑問が付きまといます。
353091_005.jpg

まぁそれも、「ジョニーも戦争で精神的に傷つき、自分が裏切った妻が生きてるわけがない」と信じ込んでるから、と思わなければ、この作品は納得がいきません。

それを乗り越えると、ドイツの悲劇が人々に影を落としたこと、国民が敵味方になってしまったことなどが感じられ、この作品のテーマに触れることが出来ます。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。