スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【KANO ~1931海の向こうの甲子園~】

ウェイ・ダーション監督/2014台湾
kano.jpg



日本統治時代の日本精神と台湾精神



1929年、日本統治下の台湾。
日本人の近藤が、弱小チーム嘉義農林学校野球部の監督となる。
日本人、台湾育ちの漢人、台湾原住民の混成チームは監督のしごきにも耐え、連敗続きだったチームは連勝し出す。
チームの勢いは止まらず、甲子園を目指すこととなる。





戦前の台湾で実際にあった、「台湾代表が甲子園に出場した」出来事を描いた作品です。
台湾史上第2位の興行成績の大ヒットとなり、興行収入は台湾だけで10億円突破しました。

この映画、「台湾に日本統治時代があった」「八田與一」を知っていて当たり前の設定で話が進みます。
つまり台湾では、日本統治時代と八田與一は誰でも知ってて当然の事みたいですが、果たして日本人はどれぐらいの割合で知ってるんでしょうかね?


映画は弱小野球部が甲子園で活躍する、という話で、監督も野球経験あり、俳優も、演技より野球経験5年以上を重視してオーデションが行われました。
だから野球シーンは本当に、「ちゃんと野球してる」という感じが出てて良いのですが、野球にこだわり過ぎて、3時間超えの映画になってしまいました。

野球経験者の監督としては、カット出来ない野球シーンが多かったんでしょうが、野球シーンが長すぎて、ダレます。
たぶん私が野球に興味ないのが最大の理由だと思います。
野球好きな人が見ると別の視点でしょう。

あと、意味もなく不意に出て来る、八田與一
映画の筋にまったく関係ない八田與一が、ただ手を振るだけのために用意されたとも思えません。
きっと、台湾のあの時代、東洋一のダムを作る八田與一は、まさに、みんなの希望であったんでしょう。
台湾統治時代は、八田與一を抜きにして語れないからこそ映画に出したのかも知れません。


上映時間も長く、日本統治時代、台湾で何があったのかを知ってないと物語の背景が読めない映画です。
決して、上手に作られた映画とは言えないのですが、思いが一杯詰まった、不器用だけど一生懸命が凝縮されたような熱い作品で、誰もが目を潤ませることでしょう。

日本統治時代が良いように描かれてるのは、その後、戦争に日本が負け、台湾に蒋介石が入り混沌とした暗い時代があったからこそ、この映画が良き思い出として輝くのだと思います。
現在、中国が膨張し、台湾人のアイデンティティーを揺さぶり続けています。
だからこそ、日本統治時代、みなが台湾人として1つになり、台湾代表を応援した、この出来事が台湾人の胸に響いたのかも知れません。


台湾の歴史は、小林よしのりが「台湾論」という漫画で詳しく描いてました。金美齢さんも「台湾論」は褒めてましたので、知りたい方は、この本を探されたら良いか、と思います。

この映画のヒットで、台湾から大阪に旅行に来る人が増えたそうです。

また、台湾統治時代に、小学校の先生をしていた女性(現在106歳)が、この映画を見て、かつての教え子に手紙を書かれました。
残念ながら該当する住所に、宛先の人はいなかったのですが、地元の郵便局員さん達が手をつくして、宛先の人を探し出した、という何とも感動的な後日談が生まれたのも、日本人と台湾人が精神的に似ているからだと思います。






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。