スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【セッション】

デイミアン・チャゼル監督/2014アメリカ
350927_001.jpg



芸術のためなら何をしても許されるのか?



名門音楽大学に入学し、世界一のジャズドラマーを目指していた19歳のニーマンは、教師フレッチャーのバンドにスカウトされる。
フレッチャーのバンドで成功すれば音楽家としてスカウトされる事が約束される。しかし、音楽と無縁の家族や親戚はニーマンの喜びを理解することが出来ない。
自分への希望だけを持ちバンドに挑んだニーマンに待っていたのは、「天才」を求めるフレッチャーの狂気のようなレッスンだった。それは、だんだんとニーマンの精神を追いつめて行く事になる。





予告で、ニーマンが叩かれたり罵倒されてたんで、「なんか可哀想な気分になりそう・・・・」と思って、あんまり見に行く気がしてなかったんです、『セッション』。
デイミアン・チャゼル監督が脚本した『グランドピアノ 狙われた黒鍵』が、滅茶苦茶イイ!!って程でもなく、、、、悪くはないけど、コンサート中にあんなん出来んの?という感じだったんで、見るつもりはなかったのですが、『セッション』がアカデミーに引っかかって来たので、「一応見とくか」の程度で見ました。


バードマン』より、『セッション』の方にアカデミー賞、あげて欲しかったですね。
思わず歯を食いしばってしまう、良い作品でした。

鬼教師という言葉すら、生ぬるく感じる程のフレッチャーは、「本当の天才は逆境から這い上がって来る」と考えており、生徒を罵り、蔑み、暴力を振るい、精神的に追い詰めてばかりいます。
んで、たまーーーーに優しい事を言うんで、余計にタチが悪い。

本物のサディストなんでしょうね。
「本当の天才は~」とか言っても、サディストじゃないと、あんな事、言えないですよ。


フレッチャーは音楽が分かってるんでしょうけど、楽器をぶん投げるとこから見て、本当に音楽を愛しんのか?と疑ってしまいます。
フレッチャーがニーマンに話した、
「チャーリー・パーカーが演奏に失敗した時、シンバル投げられた。
観客に笑われた。
それが悔しくてチャーリーは頑張った。
1年後、チャーリーは完璧な演奏をした。
シンバル事件なかったら、チャーリーは成長してない」

という話にこだわり過ぎて、自分がその役をやろうとし過ぎなのでは?

昔ねー、X-JAPANというバンドがいて、、、、今でもいるんだけど、そのバンドのライブで、
「YOSHIKIさんはライブ中、ドラムをぶっ壊します」
というのをワイドショーでやってて、そのシーンを見た北島三郎が、
「モノを壊すのは良くない!!」
と怒ってましたよ。



そんな風に、滅茶苦茶するフレッチャーは、ニーマンを追い詰め、追い詰められたニーマンは、
「ぶっ殺してやる!!」
って言います。
よく言った。よく言った。パチパチ。

でも言ってしまったので退学です。
ほんで、フレッチャーも学校を首になります。

ま、映画でよくある展開なら、ここから2人は心を交わして、仲良しになったりするんです。
ニーマンとフレッチャーも、ちょっと仲良しになって、再びステージに立ちます。

なんと、そこでニーマンをいびるフレッチャー!
こいつ、鬼だよ!!


しかし、ニーマンはステージでフレッチャーをいびり返すのです。
その凄まじい姿。
あっぱれでした。


あ、途中、ニーマンは、
映画館でバイトしてる可愛い子にアタックして、
めでたくカップルになって、
「やっぱ音楽の邪魔だから、お前いらね」と言って彼女を振って、
でも自分が退学になったら、また彼女に電話して、、、、
と、こいつも酷い事してます。

師匠と同じ才能が、すでにあるようです。







スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。